古物とは

 古物とは、一度使用された物品、若しくは使用されていない物品で使用のために取引されたもの、又はこれらの物品に幾分の手入れをしたものをいい、現在13品目に分類されています。

1.美術品類 2.衣類 3.時計・宝飾 4.自動車 5.自動二輪車及び原動機付自動車 6.自転車類 7.写真機類 8.事務機器類 9.機械工具類 10.道具類 11.皮革・ゴム製品類 12.書籍 13.金券類

 新たに上記の古物の売買、交換する業務を営む場合、営業所の所在地を管轄する警察署に許可申請をして公安委員会の許可を受けなければなりません。

 

古物商許可申請の必要書類

 古物商許可の申請には、許可申請書のほかに下記の添付書類が必要になります。

  1.住民票

  2.身分証明書

  3.登記されていないことの証明書

  4.誓約書

  5.略歴書

  6.定款の写し(法人の場合)

  7.登記簿謄本(法人の場合)

  8.賃貸借契約書の写し(店舗が賃貸の場合)

  許可の取得のためには、手数料(警察署へ納付)として、19,000円が必要になります。

              御問合せ・ご相談はこちら→