宅建業許可

 宅地建物取引業を営もうとする者は、免許をうけなければなりません。

 宅地建物取引業とは、宅地若しくは建物(建物の一部を含む)の売買若しくは交換又は売買、交換若しくは賃貸の代理若しくは媒介をする行為を反復継続して行うものをいいます。

 区分

 宅地又は建物(建物の一部を含む)

 自己物件       

他人の物件の代理 

 他人の物件の媒介

売買  

○ 

○ 

交換

○ 

○ 

賃貸

× 

○ 

 次項有開業までの流れ

書類の作成

申請

審査

免許

営業保証金の供託 若しくは 保証協会への加入

                 ↓                    ↓

   営業保証金供託済み届出書  社員加入報告書及び弁済業務保証金供託届出書

                 ↓                    ↓

宅  建  業  免  許  証  交  付

開   業

次項有営業保証金について

 免許を取得し、営業を開始するためには、主たる事務所は1,000万円、従たる事務所ごとに500万円の営業保証金を供託するか、保証協会に加入するかのいずれかが必要になります。

 供託となるとかなりの負担になりますので、開業される方の多くは、保証協会への加入を選択されます。

次項有保証協会への加入について

 現在、広島県の保証協会は2つあり、このどちらかに加入することになります。

@(社)全国宅地建物取引業保証協会 広島県本部(広島市中区昭和町11-5)

A(社)不動産保証協会 広島県本部(広島市中区小町2-30)

     弁済業務保証金分担金

       ☆主たる事務所・・・・・60万円

       ☆従たる事務所・・・・・30万円

       (保証協会の加入に際しては、このほかにも入会金等が必要になります)

                  御問合せ・ご相談はこちら→